東京近郊の登山記録。トイレの有無やルートや目安時間もときどき掲載。LIFE IS HIKE

∟ 山行の記録。山歩録。霧につつまれる山が好き。

運転士「本日は人気の高尾山へ行かず、御嶽山へお越し頂き・・・」

東京都の山、御嶽山(標高929m)へ。今日も水のある山をチョイス。

伊豆の2日目で登った葛木山でヒントを得て、軽装登山に挑戦。

雨具と昼食のみショルダーのバッグ内に収納し、
ショルダーの開口部でストックをはさみ、
ボトルはカラビナで吊り、一眼レフは手持ち。ザッツオール。

ハイドレーションの水袋も、コンロもガスも持ちません。

ケーブルカーで831mの御岳山駅まで高度を稼ぎ、そこから散策スタート。
登山というよりハイキングかな。


標高ほかの山行けば主役張れるでしょ、てな具合の立派な木がゴロゴロたってます。


2つある滝のうちのひとつ「七代の滝」。


この季節お決まり「新緑」。つい撮っちゃう。


大きな岩の「天狗岩」の上には文字通り天狗の姿。もう一体は謎なポーズとってた。


天狗岩は高さ10mくらいあるんだけど、下で休憩してる人が多く、意外と登る人は少ないのかな?
見た目より登ってみるとなんてことなかった。


そして、きょうの軽装登山の最大の実験部門。
コンロを使わない夏向きお昼ごはん、それは冷やうどんです。

あらかじめゆでてきたうどんに、キンキンに冷えた水とめんつゆをぶっかけます。

これが超うまい! と言いたいところだけど、うまいのはりょうこのだけでした。

僕はひえひえを狙ってゆでてから凍らせたのをかばんにしのばせ、
お昼ころにはちょうどよく自然解凍されているだろう、

なんてたくらんでいましたが、凍らせてから解凍されたうどんのマズイことマズイこと。

なにこれ本当にうどんなの? と思うほどに食感最低でした。ゆでたら凍らすな、と学びました。

小川沿い、涼しい空気、せせらぎの音。
お昼ご飯のシチュエーションとしてはバッチリだっただけになんとも残念。
次こそおいしいうどん時間にしたい。


昼食を食べた後はロックガーデンを歩きます。ここへ来るまでは、「なんだろうね、ロックガーデンって」って思ってたけど、
来てみてわかった。ここは横文字にしていいレベルで整備が行き届いてます。
重たいはずの岩をとても丁寧に、優しく並べてくれていました。
なみなみならぬホスピタリティがあります。これを見るだけでも価値あると思う。




もう片方の滝「綾広の滝」の前にて。
ここからちょっとだけ高度をあげると、御岳山散策の折り返し地点。


平坦な山道をすたすた歩くと、「天狗の腰掛け」というこれまた立派な木に遭遇。


さらに進むと、「七代の滝」へと僕らが降りた分岐に戻ってきた。
そこで右手に入り、長尾平の展望台でしばし休憩。


途中の山ツツジが超タイプでした。


そういやまだ、山頂自体には行ってないので、一応いっとくか、てことで
帰りにお愛想程度に山頂ゲット。さっきの分岐からほんの15分もあれば山頂行けちゃう。

あっけなすぎた感あるけど、
夏涼みに来るのによさそう。整備されてるし、トイレもあるし。

さてさてお次はどこ登ろ。

June 2, 2012

your voice

recent snowmotion

>>more movie