東京近郊の登山記録。トイレの有無やルートや目安時間もときどき掲載。LIFE IS HIKE

∟ 山行の記録。山歩録。霧につつまれる山が好き。

シャンパンと自家製梅酒で乾杯、景信山山頂で大宴会

父親が定年退職で東京単身赴任終了につき、ラストラン的な追い出し登山開催。
陣馬山→景信山の縦走を、子供1人、大人9人、総勢10人の大所帯登山を初体験してきました。

子仏山から景信山まで。

雨予報が奇跡的に覆った土曜日。
が、weather newsの晴れ予報に反して天気いまいち。

子仏山から景信山まで。でも、クモの巣にしたたる水滴が、おかげでキレイ。

子仏山から景信山まで。そして今日は、小学生の男の子も参加。あっさり最年少の座を奪われたのと、体力の差を未設付けられた。彼に重力なんて概念なかったんだった。

子仏山から景信山まで。


子仏山から景信山まで。10人ともなると列の長さがすごい。実は大人数には否定的でいたんだけど、ペースさえ乱されなければそんなことないってことがわかった。むしろ安心感がいつもよりある。


子仏山から景信山まで。


子仏山から景信山まで。まずは陣馬山山頂。標高857m。なんか手塚治虫チックな独特の銅像登場。ちょっと休憩したら、一気に体温冷えてしまった。まだまだ東京でも山は寒い。


子仏山から景信山まで。陣馬山山頂には、廃墟アンテナ反応ポイントも。


子仏山から景信山まで。そして景信山での大宴会。日本酒やら父が漬けた梅酒やらで乾杯の嵐。僕が持ってきたシャンパンも加勢して、みんなしてホロ酔い2割増。超楽しい、すげー笑う。ここにずっといてもいいや、ってなった。


子仏山から景信山まで。

子仏山から景信山まで。ちなみに食事は鍋。各自で鍋にあうものを一品ずつ持ち寄って、自由に煮込んで自由に食べる。
本来おつまみであるはずの鮭とばを、おじやに浸してみたら、
鮭茶漬けみたいになって思わぬ鮭とばの使い方発見。
すかさず「万能とば」の商品化が検討されてました。


子仏山から景信山まで。父の同僚さんの18歳の息子さんが、ほぼ荷物持ち役で今日は参加してて、
水分をほとんど持ってくれて非常にありがたかった。右したの青いダウンの子。ほんと君なしじゃ今日はありえなかった。ありがとう。

かくして、父の関東ラストランは幕を閉じたのでした。


僕に登山を教えてくれた人。

一緒に山に登る機会は減ってしまうけれど、
「札幌に帰ったら嫁さんと低い山から登り始めたいと思います、
ぜひ北海道の山に登りに来てください」
との最後の挨拶に、
札幌帰ったら、今度はぜひ母親と一緒に3人で登山したいな、と。

素敵な仲間に恵まれて、人生楽しそうな背中を見せてくれてありがとう。

てことで、父がいなくても、父の同僚さんとは今後も登山していきます。

さてさて、お次はどこ登ろう

March 24, 2012

your voice

recent snowmotion

>>more movie