東京近郊の登山記録。トイレの有無やルートや目安時間もときどき掲載。LIFE IS HIKE

∟ 山行の記録。山歩録。霧につつまれる山が好き。

数えるほどしか開花していない、梅祭り初日の筑波山

先週の石割山登山があまりにあっけなかったので、
今週も山行くことにした。

TXに乗って向かうは筑波山。

左が男体山 871m 右が女体山877m左が男体山 871m 右が女体山877m、とその差6m。
なんだけど、どう見ても左の男体山のほうが高く見える不思議。
印刷してきた地図の表記が間違ってるんじゃないかと思ったほどでした。

筑波神社より 御幸ヶ原コースへ

筑波山の梅祭り9:30 登山開始。
梅祭りとやらが今日から開催らしいのだけど、
唯一1本だけ咲いてる梅の木を発見。危うくとおり過ぎるくらいのひっそり感でした。
祭りのフライングもいいとこです。


筑波山の梅祭り 前日の雪で登山は軽アイゼンは有効。昨夜の雪が山を明るくしてくれて、木肌の茶、葉の緑とのコントラストがいい感じ。


筑波山の梅祭り 前日の雪で登山は軽アイゼンは有効。ときおり傾斜がきついところでは、みんなの足の摩擦でできた氷があって足下が滑るんだけど、
僕の爪形のアイゼンは、装着するまでもないかな、してもいいかな〜、
くらいのどっちつかずな状況で、判断迷いながら登り続けてました。

その点りょうこのラバー式の軽アイゼンがすごくマッチしていた様子。


関東平野をチラリと覗く木の隙間から関東平野がチラリ。
前回の筑波山登山時は天候に恵まれなかったけど、今日は期待できそうです。

ケーブルカー山頂駅到着

筑波山の梅祭り 前日の雪で登山はアイゼン必須。10:50 男体山と女体山の間にある、ケーブルカーの山頂駅に到着。
関東平野広い! 空青い!
北海道ではこんな真っ平らは海以外みたことないので、
果てしなく続く陸の景色にテンションあがってしまった。


筑波山から関東平野と雪だるま雪だるまなんて作ったりして。


山頂駅から男体山へは、ほんの10分

快適なトイレ休憩を済ませたら、まずは男体山方面へ。

筑波山男体山へと思ったら、もう着きました。だいたい10分。

山頂には本殿があるんだけど、その右手から廃墟アンテナ反応。
筑波山男体山 本殿筑波山男体山で廃墟らしきもの発見いい具合に寂れていました。日本の建造物には見えなかったな。


筑波山男体山から東京方面にスカイツリー発見山頂から東京方面を望む。

右手の方に5月開業のスカイツリーが見えてます。見つけた人はかなり画面に近いかと。
筑波山男体山


そのまま昼食

男体山から少し下ったところにちょうど開けた日当りのよいベンチがあったので、
今日はここで昼食タイム。実はめちゃおなか空いてた。

筑波山男体山とケーブルカー降り場の間で昼食筑波山男体山とケーブルカー降り場の間でシーフードヌードルノーマルより、断然シーフード派です。今日も安定のおいしさ。

筑波山男体山とケーブルカー降り場の間で昼食すぐ下にトイレがあるので、気兼ねなくコーヒータイムへ。
ふと地面にスカスカの四葉発見。幸福感は見ての通り。


ないよね。


トイレ休憩して女体山へ

12:50 さてと再び登山開始。
今来た道を下って、トイレ寄って今度は女体山へ。

梅祭りの筑波山・女体山山頂ちょうど団体御一行さんとぶつかりました。女体山頂は渋谷状態。

梅祭りの筑波山・女体山山頂足早に退散します。


下りは白雲橋コース

女体山の本殿向って左手から、白雲橋コースで下山。
コース入り口が一瞬わかりづらいけど、立札を信じて進めば抜けられます。

下り始めは急な岩場でしかも凍ってた。ここでようやく本日のアイゼン装備。

うぉ、とか、あぶね、とか発しながら降りて行くんだけど、
滑りやすい岩場はすぐに終了。

裸の岩の上だと、逆にアイゼンは歩きづらいので着けたばかりですがまた外します。
今日のアイゼンタイム、時間にしてほんの五分ほどでした。


北斗岩、そして弁慶七戻り

筑波山 白雲橋コースで下山 北斗岩北斗岩。
白雲橋コースには自然の彫刻と言える岩が点在していて、飽きさせません。

筑波山 白雲橋コースで下山 弁慶七戻りこっちは有名な弁慶七戻り。
ここをくぐるのに、弁慶が7度戻ってはためらったという場所。
前回は登山時にくぐったので、今日は逆方向からくぐることになったのだけど、
今日の方が弁慶の気持ちがわかりました。なかなかスリルあるよここ。


筑波山 白雲橋コースで下山 弁慶の七戻り途中、とんでもサイズな切り株に遭遇。
この2000とは、2000年のことで、年輪ごとにその年の出来事が書いてあるみたい。
ペリー来航なんてのもありました。
この発想好きだなぁ。


筑波山の梅祭り 前日の雪で登山はアイゼン必須。筑波山の梅祭り 前日の雪で登山はアイゼン必須。最後まで茶と緑と白のコントラストを楽しみながら、とても気持ちよく下山し、15:40 登山終了。

Black Diamond トレイルショック の感想

Black Diamond トレイルショック
膝を守るために今日からBlack Diamondのストック導入したんだけど、
下山時やっぱ有効だな。もっと早く買っておけばよかった。

斜度に応じて細かく長さを調節できるのがよし。
急なところでは140cmで使うこともあった。

意外と肘に負担かかるってこともわかった。
水分が中に残ると錆びのもとになるので、濡れたらバラして乾燥させるべしとのこと。

同じストックをたくさん見たので、
どうにか自分色にカスタマイズしたいところ。

さてさて、お次はどこ登ろ。

February 18, 2012

your voice

recent snowmotion

>>more movie